2012/2/25 ●ナグプールのショッピングモール

両替をしたかったので、午前中に駅前のState Bank of Indiaに行った。奥の外貨両替セクションに行くと、午前10時半を回っているのに、担当のスタッフが出社していないようだった。近くの席の女性社員が声を掛けてきて、「今日は土曜日なので外貨両替はできませんよ」と言われた。「え!?今日は土曜日ですか?」そうか、旅行していて曜日の感覚がなくなってしまっていた。仕方ない、月曜日に出直すことにする。こんなことでこの街を出るのが遅くなりそうだ。

今日はNagpur郊外にある湖と植物園に行ってみることにした。乗り合いのリクシャで途中まで行き、その後は湖周辺を周って植物園に到着する予定だったが、歩いているうちに左足の踵から足首にかけて痛くなってきた。昨日から少し違和感があったのだが、無理して歩いているうちにとうとう歩けなくなった。湖の周りを囲むコンクリートの擁壁に腰掛けて休む。リクシャもタクシーも全く走っていない。湖の淵にごみが浮いているが、周辺はとても整備されていて、おもちゃのような釣竿で釣りをしている若者がいる。あとはカップルが腰掛けておしゃべりしている姿が目立つだけだ。

それからしばらく足を引きずりながら歩きながらリクシャかタクシーが通るのを待っていたが、全く来ないので諦めて帰ることにした。このままでは植物園まで辿り着けるかどうかも怪しい。そして植物園も広いのだ。帰りも歩くなんて出来そうもない。仕方なしに帰りも大通りまで歩き、そこからリクシャを拾った。足がとにかく痛いので他に選択肢がなく、少々高く言われても乗るしかなった。

宿に帰って夕方までゆっくりし、夜になってショッピングモールに出かけた。昨日行ったEternityから幹線沿いに500mほど離れたところにあるLandmark Shopping Mallというところで、昨日Deeksha Bhoomiに行く途中で見つけた大きなショッピングモールだった。まだ足が痛かったのだがジッとしているのも退屈だった。

Landmark Shopping MallはEternityよりも大きく、何より照明が日本のスーパーのように明るい。Big Bazaalという以前コルカタでも行ったスーパーがここにも入っていた。モールの半分くらいのスペースを1Fから5Fまでぶち抜きで占めていてたいそう広い。ここは夜でも客がたくさんいた。1Fは食品と日用雑貨、2Fはおもちゃ、文房具、子ども服など、3Fはインテリア、5Fは家電製品売り場になっている。


 

家電売り場を眺めていると、白物家電、AV機器ともに韓国や台湾のメーカーが売り場の多くを占めていることが分かる。正直、日本ではほとんど見かけない企業が多い。日本企業というとSONYの液晶テレビくらいだが、SAMSUNGの陰に隠れているような印象すらある。

 

BIG BAZAALを出て、男性用・女性用・子供服が揃ったWestsideという大きな洋服屋さんに入った。カジュアルな洋服ばかりなのだが、さすがにショッ ピングモールに入っているテナントだけあって、値段が高い。男性用の半袖のシャツが2500Rsというのがざらにある。Levi'sのジーンズなどは 4200Rsとか、日本よりも少し安い程度だ。インドの物価を考えるとため息が出るような価格だが、マーケットとして成立しているのだろう。今日自分の財 布に入っているお金では買えそうになく、急に貧しい気分になった。