測定:インドの電圧

 

              → Spin Off  測定:バンガロールの電圧 も参照

 

2012年2月~3月の旅行では、滞在した各都市のホテルのコンセントに、下の写真のデジタルテスターの測定棒を挿して電圧を測定した。ほぼ毎日1~2回、朝と夕方など時間帯を変えて電圧の変化があるかどうか試した。

オーム電機MCD-008
オーム電機MCD-008

以下に結果を表にしてみた。驚くことに、82回測定した中で、公表されている220-240vを上回る数値を示したのは、半数以上の46回だった(下のグラフ参照)。日本製のカメラや携帯電話、PCなどの充電器は海外での使用を前提にで240vまで対応可能と示されているものが多いが、実はインドではその仕様を超えた電圧がかかっているらしい。

 

最も高かったのは、2/17にボッビリーで記録した266v、最も低かったのは2/11にサトパダで記録した155.7vだった。

 

ボッビリーはアンドラ・プラデーシュ州の東ガート山脈の間にある本当に小さな町だ。一方、サトパダはオディーシャ州のチリカ湖畔にある付き出た半島の端っこにある集落。ここは地理的要因から半島の根元のプリーから電線を引っ張ってきただけだろうから、電力が貧弱なのは容易に想像できる。

 

供給されている電力に対し、その地域でどの程度電気製品などが使われているか、といった需要とのバランスで、電力が安定しているかどうかが決まるだろうから、必ずしも都市部が安定していて、田舎が不安定だとか限らない。むしろ頻繁に停電が起きる都市もあるし、時間帯等によっても変わってくる。

 

その時間帯で言うと、やはり夕方18:00ごろから21:00ごろにかけて各家庭で電力需要が増すらしく、電圧が下がり気味であることが測定結果から読み取れる。朝の7時、8時台のわずかな時間も電圧が低下する傾向が感じられた。一方、昼間は総じて需要が低いらしく、電圧が高かった。しかしこれもビジネス街などで測定すればまた違った結果になったかもしれない。今回はそういった機会がなかった。また、インド各地にある発電所のロケーションとその発電能力との関係を調べれば、興味深い結果が得られるかもしれない。

 

また、同じホテルの同じ部屋の同じコンセントで測定しているにもかかわらず、比較的変動が激しい都市があった。そのため、測定結果はあくまでその時点、その瞬間での結果に過ぎず、数秒単位で数十ボルトの上下を繰り返していたこともあったことを付け加えておく。

測定日
都  市  名
測定時間
電 圧(V)

1/31

コルカタ 19:40 248.6
2/1 コルカタ 4:49 253.4
2/1 コルカタ 19:26 242
2/2 コルカタ 4:20 254.4
2/2 コルカタ 18:25 235.3
2/3 コルカタ 4:39 249.1
2/3 コルカタ 8:16 248.1
2/3 コルカタ 10:19 251.8
2/4 コルカタ 6:00 243.7
2/4 コルカタ 10:54 242.8
2/5 コルカタ 7:00 249.3
2/5 コルカタ 17:38 240
2/5 コルカタ 19:55 247.1
2/6 コルカタ 6:37 246.3
2/8 カタック 18:06 234.1
2/9 カタック 8:10 243.1
2/9 コナーラク 13:57 209.1
2/9 コナーラク 20:36 170.8
2/10 コナーラク 7:00 200.4
2/10 コナーラク 13:58 214.8
2/10 コナーラク 22:35 201.9
2/11 コナーラク 7:30 180.1
2/11 サトパダ 14:03 214.1
2/11 サトパダ 19:50 155.7
2/12 サトパダ 8:24 188.2
2/12 サトパダ 12:29 199.2
2/12 サトパダ 19:11 172
2/13 サトパダ 7:18 206
2/13 サトパダ 14:05 227.6
2/14 サトパダ 9:18 197.5
2/14 サトパダ 14:09 220.2
2/14 サトパダ 19:13 162.9
2/15 スリーカクラム 18:00 246.8
2/16 スリーカクラム 8:13 257.5
2/16 パールヴァッティプーラム 14:00 265.2
2/16 パールヴァッティプーラム 18:48 240.6
2/17 パールヴァッティプーラム 7:21 243.4
2/17 ボッビリー 10:07 266
2/17 ボッビリー 17:42 247.2
2/18
ボッビリー 7:01
246.5
2/18
ジェイポール
18:31
220
2/18 ジェイポール 22:39 239
2/19 ジェイポール 6:51 230.9
2/19 ジェイポール 19:35 222.9
2/20 ジェイポール 6:56 236.2
2/20 ジェイポール 20:17 230
2/22 ケーシンガー 0:05 240.7
2/22 ケーシンガー 10:05 245.1
2/22 ライプール 18:00 236.2
2/23 ライプール 7:04 245.2
2/23 ナグプール 17:47 252.8
2/23 ナグプール 21:16 248.1
2/24 ナグプール 10:32 244.1
2/24 ナグプール 18:17 233.6
2/25 ナグプール 9:38 245.2
2/25 ナグプール 12:32 232.6
2/26 ナグプール 13:13 248.3
2/26 ナグプール 20:55 243.7
2/27 ナグプール 8:19 251.2
2/27 ナグプール 15:47 240.1
2/28 ナグプール 8:32 250.4
2/28 ナグプール 13:16 241.1
2/29 ナグプール 7:38 252.4
3/1 ボーパール 7:19 228.7
3/1 ボーパール 23:02 239.5
3/2 ボーパール 8:35 237.4
3/2 サンチー 20:34 201.8
3/3 サンチー 7:49 242.6
3/3 サンチー 20:16 196.6
3/4 サンチー 6:55 236
3/5 ラクノウ 8:44 241.6

3/6

ラクノウ 7:28 251.9
3/6 アヨーディヤ 17:51 254.3
3/6 アヨーディヤ 21:19 258.7
3/7 アヨーディヤ 8:51 264.5
3/7 アヨーディヤ 18:20 230.7
3/8 クシナガラ 15:43 234.5
3/9 クシナガラ 19:40 257.4
3/10 クシナガラ 8:48 265.2
3/10 クシナガラ 16:44 256.6
3/11 クシナガラ 7:28 254.8
3/12 クシナガラ 7:25 243.3