2011年

3月

24日

インドが日本から輸入しているもの

インド政府は、日本から輸入している食料品について放射能の検査を行うが、アメリカなどで決定された輸入禁止の措置はとらないという。

 

インドが日本から輸入しているもののうち、食料品の割合は極めて少ない、と記事が伝えている。意外にも金額的に最も多いのは原子炉とボイラー関連の機器類で18億ドル、その次が電化製品で9億ドル程度。食料品はsugar confectionery(お菓子?)でさえ55万ドル(5500万円)なので相当少ない。次いで魚および魚加工品、青果加工品(?)、飲料および酒類などが続いているそうだ。